23. 10月 2012 · コメントは受け付けていません。 · Categories: マタニティビクス · Tags:

妊娠17週から始めたスタジオ通い

つわりも治まってきた妊娠15週頃、運動を再開したいと主治医に聞いてみました。
(妊娠前から夫とジム通いをしていました。詳しくはこちら→ジムでウォーキング

そうしたら、
「ジムでウォーキングもいいけど、うちでもこんなのやってるよ」
と、産院のスタジオでやっているマタニティビクスのチラシを渡されました。

(← 私の通っている産院スタジオのパンフレットより。)

毎週1回、午前中に1時間ほどのレッスン。
料金は1回1,050円(税込)だけど、初回はお試しということで無料。
持ち物は親子健康手帳(母子手帳)、運動できる服装とタオル、シューズ、飲み物。

フロア用のシューズはジム通いをしていたから持っているし、トレーニングウェアもある。
初回は無料だし、試しに通ってみるか・・・と1度行ったら楽しくなってしまい、毎週通う羽目になったわけです(笑

マタニティビクスレッスンの流れ

私の通っている産院は、日本マタニティフィットネス協会の施設です。
>>日本マタニティフィットネス協会

日本マタニティフィットネス協会の公式ページでも紹介されている通り、

  1. メディカルチェック
  2. ウォーミングアップ&バーストレッチ
  3. エアロビックパート
  4. フロアエクササイズ
  5. クーリングダウン

といった流れでレッスンしています。
私の通っている産院のスタジオでは、レッスンの最後にもメディカルチェックがあります。

具体的にどんなことをするか、詳しく解説します。

メディカルチェック

各自でレッスン前後に血圧を計ります。

さらに、レッスンの前と後、看護師さんがスタジオに来てくれて、胎児の心音チェックを行います。
妊娠中期で胎児がまだ小さい状態だと、なかなか心音が確認できなくて時間がかかる場合があります。
(私のことです)

ウォーミングアップ&バーストレッチ

スタジオに設置されたバーにつかまり、足裏などを伸ばしていきます。
軽いストレッチを行い、徐々に体温を上げていきます。

エアロビックパート

音楽に合わせ、体を動かします。
お腹の赤ちゃんに「おいしい酸素を取り入れる」イメージで、楽しく行います。

リズムに乗って、軽いステップを踏んでいきます。
激しいジャンプなどはなく、慣れれば簡単なステップが中心です。

このとき、上半身もステップに合わせ動かします。
実は手の振りも重要で、産後の乳汁分泌を促すといわれています。

フロアエクササイズ

エアロビックパートが終わったら、マットに横になりストレッチを行います。
お産に必要な筋肉をつけるため、軽い腹筋なども取り入れています。

クーリングダウン

楽な姿勢で横になり、呼吸を整えていきます。
お腹の赤ちゃんをイメージしながらリラックスします。

マタニティビクスの感想

この記事を書いている時点で、すでに産院のマタニティビクスに5回ほど通っています。
参加当時から妊娠9ヶ月、10ヶ月のお母さんと一緒にレッスンしていますが、みなさん自分のペースで楽しく体を動かしています。

毎週のようにお産で卒業される方がいました。
お産の3~4日前までレッスンに通っていたというわけです。
しかも、みなさん安産とのことで、お産もあまり時間がかからなかったと聞きます。

体を動かすのは楽しいし、安産につながるのであれば、今後も体の許す限り、続けていきたいなあと思っています。

Comments closed