24. 10月 2012 · コメントは受け付けていません。 · Categories: マタニティヨガ · Tags:

たまたまヨガのプログラムが産院のスタジオにあった

妊娠17週ごろから産院に併設されているスタジオでマタニティビクスに通っています。
(→マタニティビクス体験記
同じスタジオで、ヨガのレッスンも行っているので、そちらも試してみました。

(← 私の通っているスタジオのパンフレットより。実際はこんなに人は多くありません。)

私の通う産院のヨガプログラムの概要です。

  • 毎週1回1時間、料金は1回1,050円(税込)
  • 持ち物は親子健康手帳(母子手帳)、運動できる服装とタオル、飲み物

料金はマタニティビクスと同じ、持ち物もほぼ一緒。
フロア用のシューズは必要ありませんでした。
マットの上でポージングを取ったり、呼吸法の練習が主なレッスン内容とのことです。

マタニティヨガレッスンの流れ

マタニティヨガのレッスンの流れです。

  1. メディカルチェック
  2. ルーズニング
  3. 妊婦のためのアーサナ(ポーズ)
  4. メディテーション

具体的にどんなことをするか、詳しく解説します。

メディカルチェック

各自レッスン前後に血圧を計ります。
マタニティビクスと違い、看護師による心音チェックはありませんでした。

ルーズニング

ルーズニング(loosening)とは、和訳すると「何かをゆるくする行為」
つまり、体をほぐしていきます。

同時に呼吸法も行いながら、ポーズをとるための準備をします。

妊婦のためのアーサナ(ポーズ)

ゆったりした音楽と呼吸に合わせてポーズをとっていきます。

ポーズは主に、

  • 妊娠中のマイナートラブル対策
  • お産に必要な筋力を鍛える

といった妊婦向けのプログラムになっています。

メディテーション

ゆったりと楽な姿勢で瞑想呼吸法を行います。
このとき、お腹の赤ちゃんを感じつつ、心と体を整えていきます。

マタニティヨガの感想

マタニティヨガのプログラムに参加してみた感想です。

ゆったりとしたポージングで体を伸ばせて、体が軽くなりました。
血行がよくなったみたいで、肩が楽になるのを感じました。

ただ、マタニティビクスと両方通うのは時間的にも金銭的にも大変です。
週末は夫とジムに行って運動しているし、どちらかというとマタニティビクスのほうが自分に合っていると思いました。

私の通う産院のスタジオでは、試しに両方通ってみて、どちらかを選ぶ人がほとんどみたいです。
激しい運動が苦手な妊婦さんは、マタニティヨガにだけ通っているそうですよ。

肩こりなどで悩んでいるけれど、無理な運動はしたくないって人にオススメだと思います。

Comments closed